[PR]

 新しい天皇、皇后両陛下が出席予定の第70回全国植樹祭やラグビーワールドカップ(W杯)の開催を控え、県警の「警備犬」が3月末にデビューした。豊田スタジアム(豊田市)であったJリーグの試合で、多くのサポーターがいるなか危険物などの確認や警戒にあたった。県警が警備犬を活用するのは初めて。

 開場前のスタンドに、いずれも雄のジャーマンシェパードのウド(2歳4カ月)と、クーパー(2歳1カ月)が登場。パートナー役の警察官とともに、座席の下などに危険物などがないかどうかを確認した。

 爆発物が入ったスーツケースを見つけたり、不審者を制圧したりする訓練も会場内外で実施。同じく警備犬のヴァルター(雄、1歳10カ月)が不審者役の腕にかみつく様子を、居合わせたサポーターらが興味深そうに見ていた。

 県警は昨年4月、警備犬の訓練…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら