大阪に万博バブル到来か ダブル選に揺れるゼネコン業界

有料記事大阪都構想

五十嵐聖士郎

 大阪湾に浮かぶ人工島の開発をめぐり、大手ゼネコン各社が動いている。2025年に大阪・関西万博の開催が決まった夢洲(ゆめしま)だ。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致にも期待が高まるなか、地元の建設業界が気をもむのは大阪ダブル選挙の行方だ。(五十嵐聖士郎)

 「開発できる場所に目星をつけながら、可能性を探っている。(夢洲周辺の)街は一変するだろう」。大手ゼネコン役員は朝日新聞の取材にこう語る。

 大阪府大阪市は今年2月、土地造成や地下鉄延伸など夢洲のインフラ整備費として、2025年の万博開催までに930億円を投じると発表した。民間開発も見込まれ、総工費1千億円超のタワービル構想のほか、南隣の咲洲(さきしま)地区ではマンションやホテル、商業施設の計画もある。

 大手ゼネコン各社によると、万博に加えてIRの誘致が決まれば夢洲周辺の開発が一気に進むとみて、昨春以降、専門部署を新設して、都市開発の大型受注獲得へ動き出している。

 夢洲はごみ焼却灰などの処分…

この記事は有料記事です。残り1405文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
大阪都構想

大阪都構想

2020年11月1日、大阪都構想の2度目の住民投票。橋下徹大阪府知事(当時)が提唱してから約10年。大阪市を二分してきた議論に、市民が再び結論を出します。[記事一覧へ]