[PR]

 インドネシアから来日した外国人技能実習生の女性2人が4月から、浜田市旭町の特別養護老人ホームで3年間の実習に入った。実習生の受け入れを担う監理団体「広島人材開発協同組合」によると、介護分野では県内初めてという。

 協同組合などによると、2人はサルティカさん(27)とレナ・アプリリアナさん(24)。昨年5月、インドネシアの日本技能実習生支援センターに入校。日本語などを学び、今年3月に来日して千葉県内で講習を受けていた。

 2人は1日、介護職員として働く、社会福祉法人旭福祉会が運営する特別養護老人ホーム「あさひ園」で入所式に出席した。インドネシアの看護師ライセンスを取得しているサルティカさんは「日本で介護福祉士の資格を取って、将来はインドネシアにクリニックをつくりたい」と抱負を語り、アプリリアナさんも「インドネシアに日本語の学校を建てたい」と意欲的だ。

 旭福祉会の大倉美知男理事長は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら