[PR]

 新元号が発表された1日、名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」では、レゴブロックを使って「令和」のパネルが作られた。運営会社のトーベン・イェンセン社長が披露すると、来場した子どもらから歓声があがった。

 パネルは縦45センチ、横38センチ。「ビルダー」と呼ばれる従業員の柴原隆さんが約700個のレゴブロックを組み合わせ、約30分かけて作製した。菅義偉官房長官が記者会見で掲げた墨書を、白と黒のレゴブロックで再現。イェンセン氏は新元号に「和」の1文字が含まれたことに言及し、「レゴランドもみんなと一緒になってがんばりたい」と話した。新元号のパネルは園内で展示する。(竹山栄太郎)