[PR]

 河野太郎外相は1日午後、記者団に対し、政府が承認している195カ国と国際機関に新しい元号が「令和」に決まったことを通知したことを明らかにした。アルファベット表記は「REIWA」。政府は選考の過程で、頭文字「R」が明治以降の元号と同じ「M・T・S・H」となるのを避けたとみられる。

 外務省関係者によると、平成への改元時と同じ表現を用いて、英語で「the new Japanese Era(新しい日本の元号)」が「令和」と決まったことを、東京の各国大使館などにファクスで一斉に通知した。今後外交ルートを通じ、元号の意味も説明していくという。

 国内の大使館への通知にファクスを使う理由について、外務省関係者は「組織のメールアドレスを持っていない大使館もある。ファクスならもれなく送ることができるため」としている。(清宮涼