[PR]

(悩みのるつぼ) 相談者

 40代の女性です。8年ほど前に家を建てました。我が家の隣地は空いており、公園や木々の景観が見えます。その隣地は、空き地同然に売りに出されていたのですが、不動産屋からは「あそこは崖地に近く、家は建たないだろう」と説明されたため、我が家では購入せず、他の方が畑にしていました。

 ところが、この畑の持ち主が土地を手放し、新たな持ち主が新築で家を建てることになり、2年後には完全に景観が失われることが決定的となりました。

 前の持ち主と私は親しかったので、先に買う機会と考える時間は十分にあったのに、迷って購入に踏み切れぬうちに売れてしまいました。それからは、今まで癒やしてもらっていた景観を見るにつけ、気持ちが塞ぐようになりました。

 新たな持ち主は裕福で、土地を造成し、豪邸を建てるそうです。金にモノを言わせて景観を独り占めするような人がいることと、家が建つとわかっていたら間違いなく最初に購入していたのにという後悔で、心が沈む日々です。仕方がないのは分かっていますし、引っ越してこられたら仲良くしなくちゃ、とも考えています。ただ、景観を失うことが悲しくてしかたがありません。悲しみは結局、裕福な人へのねたみにつながり、後悔も含め、嫌な気持ちを抱えて過ごすのがつらいです。どう心を切り替えればよいでしょうか。

■回答者 歌手・俳優 美輪明宏…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら