[PR]

 日本航空グループの入社式に参加したフィギュアスケートの五輪メダリスト、浅田真央さんは、新元号が会場のスクリーンに映し出される瞬間を約2千人の新入社員と見守った。

 発表の直前、壇上から「呼吸をしましょう、一度」と呼びかけた浅田さん。午前11時40分過ぎ、スクリーンに「令和」の文字が浮かびあがると、新入社員とともに「わああ」と歓声を上げた。

 「新たな時代が始まったのかなあという感じはすごくしますね。私も新たな気持ちで、またがんばっていけたら」と浅田さん。「新しい時代とともに、みなさんは入社式を迎えてスタートする。とにかく、日々楽しむことを忘れてはいけない。自分の力で、自分の考えで、自分の道を切り開いていってほしい」と新入社員にエールを送った。