[PR]

 新元号が「令和」に決まった1日、県内では新元号入りの日本酒の販売や関連の挙式ブランに問い合わせが相次ぐなど祝賀ムードが盛り上がった。これまでの元号とゆかりのある人や地域も、また一つ、新たな時代が刻まれていくことに思いをはせた。

 正午ごろ、JR福島駅前では新元号を伝える新聞の号外が配られ、道行く人たちが足を止めて見入った。

 福島高校に通う渡辺航太さん(3年)は、友人とツイッターの中継で新元号発表を見守った。「令和は書きやすくていい。学校の校章が梅の花なので、出典が梅に関する歌というのは個人的にうれしい」

 福島市の会社員佐藤佑樹さん(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら