[PR]

 新しい元号「令和(れいわ)」が発表されたのを受け、与党幹部や、元号を改める政令を決めた臨時閣議に出席した閣僚からは好意的な反応が相次いだ。一方、野党からは厳しい意見も出ている。

 「素晴らしい元号だ。心から祝福したい。新しい時代が明るく平和で希望に満ちたものになるよう固く誓い、国政運営に邁進(まいしん)する」

 自民党の二階俊博幹事長は党本部で記者団にこう語った。菅義偉官房長官が新元号を発表した直後に、安倍晋三首相から新元号を伝えられたという。

 公明党の山口那津男代表も、首相から「発表の通り、令和と決めました」と連絡を受けた。「良い元号になったと思います」と応じたという。記者団には「大変奥行きのある素晴らしい元号」と評価。万葉集からの引用については「従来の中国古典からの引用ではない、新たな思い入れがある。個性を輝かしていく時代に通じる」と述べた。

 自民の岸田文雄政調会長と加藤勝信総務会長には、西村康稔官房副長官が新元号をそれぞれ知らせた。岸田氏は記者団に「漢字にその時代の理想や希望を込める元号文化は、中国では既にない。改めて元号は、日本や日本人にとって大変大きな存在だと感じた」。加藤氏は、国書由来の元号に「伝統の中に新しいものを取り込んでいく思いもあったのではないか」と記者団に語った。

 1日午後には、自公の幹事長と国会対策委員長が東京都内で会談し、天皇陛下の退位に向けた一連の儀式が円滑に執り行われるよう政府・与党が一体で取り組むことを確認した。

 一方、元号に初めて使われた「令」の文字をめぐっては、その意味をめぐってさまざまな発言が出た。

 日本維新の会の片山虎之助共同代表は記者会見で「ちょっと意外で新味だ。『令』には命令、良いことの意味が同時にある」。社民党の又市征治党首は「命令の『令』であり、安倍政権のめざす国民への規律や統制の強化がにじみ出ている感が否めない」と記者団に語った。自民の石破茂・元幹事長は「我々は『令』という字の持つ意味をきちんと調べ、国民にすんなり納得していただけるよう説明する努力をしなければいけない」とコメントした。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら