[PR]

 新元号が「令和」に決まった1日、道民もそれぞれに感想や感慨を持ちながら首相官邸での発表を見守った。改元まで1カ月、各地で平成を振り返る多くのイベントが予定され、「令和」のスタートに向けた新しいカレンダーづくりなど様々な準備も進む。

「平和」っぽい 意味 難しい 街の声

 さっぽろ創世スクエア(札幌市中央区)の北海道テレビのエントランスでは、発表を待つ市民ら40~50人がテレビの前に集まった。菅義偉官房長官が墨書を掲げると、「令和かー」という声とともに拍手が起こった。旅行で札幌を訪れていた千葉県流山市の会社員、硯田佳映さん(27)は「使い慣れていないので変な感じだが、『平和』っぽいイメージ。これから時代が変わっていくんだなと感じた」と話した。

 JR札幌駅の地下で新聞の号外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら