万葉集の注文殺到、異例の増刷 「令和元年」発行検討も

有料会員記事令和

細見卓司、沢木香織
[PR]

 新元号「令和」の発表を受けて、典拠の万葉集を刊行する出版社は1日、さっそく増刷を決めた。書店も元号に絡むフェアを始め、改元を盛り上げている。

 岩波書店は、新元号に引用された歌の序文が載っている岩波文庫「万葉集(二)」(税抜き1160円)の重版を決めた。新元号の発表後、書店から注文が殺到したという。1日午後に営業部のツイッターで「新元号『令和』は万葉集から」と投稿すると、リツイートが相次いだ。

 KADOKAWAは、序文が…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら