[PR]

 目や耳が不自由な人が映画館で楽しめるよう音声や字幕のガイドをつけた「バリアフリー映画」の試写会が3月31日、佐賀市松原2丁目のシアター・シエマであった。これに向けた「みないろ会」の募金には約130万円が寄せられ、録音機材を購入。自分たちで音声ガイドをつけて初めて上映し、支援者や会のメンバーら約60人が参加した。

 みないろ会は「みんなでいろんな映画を見たいからバリアフリー映画をつくる会」の略。昨年4月に佐賀県視覚障害者団体連合会長の森きみ子さん(64)らでつくった。誰もが楽しめるようつけるガイドとは、例えば出演者を「黒のパーカに黒いズボン、白いヘルメットをかぶった若い男性」と説明する音声などにあたる。

 上映作品は47分間のドキュメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら