[PR]

 大正から昭和初期にかけて「サクラビール」のブランドで、福岡県大里町(現在の北九州市門司区)から世界に出荷されたビールがあった。そのビールが復刻され、赤れんが造りの旧醸造棟の保存に一役買うことになった。

 桜の花びらのイラストに「SAKURA―BEER」の文字が描かれたピンク色のラベル。3月30日、かつてビール工場だった建物が並ぶ門司赤煉瓦(れんが)プレイス(門司区)で、復刻のお披露目会があった。約100人が乾杯して祝った。

 旧大里町にビール工場が建てられたのは1913(大正2)年。サッポロビール120年史などによると、地元の合資会社の代表社員が設立を思い立ち、総合商社・鈴木商店の出資を受けて帝国麦酒株式会社が発足。工場が完成し、サクラビールを発売した。

 第1次世界大戦による需要拡大…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら