[PR]

 サッカー日本代表に復帰した香川真司(ベシクタシュ)の背中が小さく見える。世代交代にあらがう姿は、あの「キング」と重なる。22年前のあの日を考えるとき、ふたりの巡り合わせの妙を思わずにはいられない。

 3月26日に神戸であったボリビア戦で、香川真司は後半23分にベンチに下がった。

 昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会以来の先発だったが、見せ場は少なく、得点を生み出してこそ評価されるという30歳にシュートはなし。決勝点は交代から8分後、香川に代わって入った南野のパスから生まれた。

 ピッチに立つ姿が小さく見えたのは気のせいだろうか。ふっと頭に浮かんだのは22年前のあの日だ。

 1997年11月16日、マレ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら