[PR]

 3月15日、中学3年の香芽(こうめ)さん(15)が母親と並んで登校すると、正門前で担任の先生が待っていた。

 すでに午後3時を回っている。午前中に卒業式を終えた校内は、すっかり静まりかえっている。

 「おめでとう」

 先生たちの言葉と拍手のなか、校長室でひとり、卒業証書を受け取った。もう学校に来なくていいんだ。そう思うと、ほっとした。

 中1の冬ごろから、学校に足が向かなくなった。友人関係に悩んだ。2年はほぼ休み。3年は週1回ほど通った。

 昨年末、担任に「卒業式に出てな」と言われた。「出ます」と答えた。中1から仲良くしてきた5人の友だちに会いたかった。でも、全校生徒や保護者、大勢の人が集まる体育館にいる時間を想像すると手が震え、涙が出た。

 「最後にプレッシャーかけてごめんな」。卒業証書を受け取った後に移動した3年3組の教室で、担任からアルバムを手渡された。

 黙って首を横に振った。先生、約束守れなくてごめん。教室を後にすると、誰もいないはずのプールの近くに人影が見えた。廊下から窓の外をのぞいた。

 「あ、こうめちゃーん」「気づ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら