[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先である名護市辺野古の埋め立て予定地で、2基のサンゴが移植されずに取り残されている。防衛省は「調査の結果、移植対象の基準を満たしていない」と主張するが、複数の専門家が疑問視している。

 防衛省は、埋め立て予定地に生息し、一定条件を満たす小型と大型、希少種のサンゴについては、保護するために移植する方針だ。大型の場合は「単独であっても、長径が1メートルを超える群体」と基準を定める。移植するには、特別採捕申請をして沖縄県の許可を受ける必要がある。

 問題の2基のサンゴは、辺野古崎先端で建設が進む護岸のそばにある。1基は辺野古南岸と大浦湾を結ぶ水路に、もう1基はその水路から分かれた水路にある。昨年6月に朝日新聞(西部本社版)が存在を報じたのを受け、防衛省に委託された建設コンサルタント会社「エコー」(東京)が調査した。

 同社が昨年7月に同省に出した報告書では、一方は基盤の長径が1・6メートルで側面にハマサンゴ、もう一方は基盤の長径が2・9メートルで側面にシコロサンゴの仲間の生息を確認したという。

 だが、ハマサンゴは最大で長径90センチの群体四つ以上から成り立ち、シコロサンゴは「基盤側面に帯状に生息」と記載。いずれも「長径が1メートルを超える群体は確認されなかった」とした。

 報告書を見た日本サンゴ礁学会会長の日高道雄・琉球大名誉教授(サンゴの生物学)は、ハマサンゴについて「元々一つの大きな群体で、一部組織が死んで分かれたと考えられる。通常は骨格が連続していれば一つの群体と考える」と指摘。サンゴ礁地形に詳しい堀信行・東京都立大名誉教授(地理学)は、シコロサンゴの方も「明らかに大きな一つの群体で、移植条件を満たす」と話した。

 一方、防衛省は大浦湾側の別の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら