[PR]

 新元号「令和(れいわ)」を決めるにあたり、政府は1日、六つの原案を選び、有識者による「元号に関する懇談会」などに提示した。政府は原案の数も含めて公表していないが、「令和」のほか、「英弘(えいこう)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」などがあったことがわかった。複数の政府関係者が1日夜、朝日新聞の取材に明らかにした。

 6案の典拠は国書と漢籍が三つずつで、国書は「令和」の万葉集に加え、日本書紀もあった。

 「万和」は、6世紀に中国で成立した全30巻の詩文集「文選(もんぜん)」が典拠。漢詩研究の第一人者として知られる石川忠久・元二松学舎大学長(86)が政府に提出した13案の一つだったことも判明した。

おことわり

 朝日新聞は複数の政府関係者の証言に基づき、「広至」「万保」の読みを「こうじ」「ばんほ」と報じましたが、その後の別の関係者への取材で「こうし」「ばんぽう」だったとわかりました。新元号の原案は、政府が委嘱した考案者から寄せられた案の中から六つを選定。1日の会議では、政府が1枚の紙に50音順で右から縦書きで六つの案を示し、それぞれの典拠や理由、読み方を添えていました。