[PR]

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから初の統一地方選。神戸市西区選挙管理委員会は、市議選と県議選の西区の期日前投票所9カ所のうち、2カ所の建物内に「インスタ映え」しそうなイラスト入りの顔出しパネルを設置し、「若者よ、選挙へ行こう!」と呼びかけている。西区の神戸芸術工科大学が制作に協力した。

 パネルは4種類。イラストは、同大学ビジュアルデザイン学科の久本直子准教授が監修し、同学科の卒業生でイラストレーター、ながせたいりさんが描いた。

 西区役所の4階には、閻魔(えんま)様ならぬ「選魔(せんま)様」が「お前は選挙へ行ったのか!!」と人間を問い詰める顔出しパネルと、ヒョウ柄で頭の部分が投票箱の「投ヒョウくん」と一緒に並び、手でハートマークを作れるパネルがある。西区役所1階と西区民センター1階にもそれぞれ1点ずつ顔出しパネルを置いた。

 期日前投票所は、西区役所では4階の大会議室、西区民センターでは4階の西神中央出張所内にある。設置期間は6日まで。

 西区選管事務局の担当者は「撮影した写真は『#神戸市西区選挙へ行こう』をつけて、インスタグラムなどへの投稿をお願いします。SNSで友達やご家族にも投票を呼びかけて頂ければ」と話している。

 市選管によると、神戸市議選で1日までに期日前投票をした有権者は3万1543人で、前回同時期の3万1670人より127人少ない。(村瀬成幸)