[PR]

 第42回全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)に初出場し、職場・一般の部で金賞を受賞した佐賀県内の団体「Blaze Symphonic Brass」(金管八重奏)。メンバーのうち6人が2日、県庁を表敬訪問し、結果を報告した。

 2013年4月に結成し、9人で活動している。前回は県大会までだったが、今回は九州大会も経て、札幌市で3月21日に開かれた全国大会に九州支部代表として出場。小長谷宗一作曲の「幻影」を演奏し、部門に出場した22団体の中で、金賞となった5団体のうちの一つに入った。

 県庁では山口祥義知事らと面会し、10秒ほど演奏も披露。代表の高柳正和さん(49)は取材に「いきなり頂点に立った感じ。このモチベーションを維持する。みんなで楽しくわいわいやれれば」と話した。(黒田健朗)

関連ニュース