[PR]

 「家族」の一員として可愛がられているペット。だが、同じお墓で眠りたい、という願いは、まだ簡単にはかなわない。なぜか。

 東京都町田市の民間霊園「町田いずみ浄苑」は15年ほど前ペットと眠れる墓の区画を売り出した。すでに完売し、今はペットと一緒の樹木葬のみ受け付けているが、今年だけで40件以上の問い合わせがあったという。亡き夫と息子、愛犬が眠る墓にお参りしていた同市内在住の女性(80)は5年前に墓を購入。「皆で仲良くそばにいたいから」という。「実家の墓を改葬して、移ってくる人もいる」と霊園のスタッフは話す。

 神奈川県南足柄市の善福寺も約10年前、境内に「ペット同伴墓地」を設けた。伊東昌彦住職(45)は、「昔は考えられなかった」という。町田いずみ浄苑も善福寺でも、ペット可のエリアは、人間だけのお墓とは区画をわけている。抵抗感がある人や、「動物が嫌い」という人への配慮からだ。

 日本で飼育されている犬と猫は、昨年のペットフード協会の推計では約1855万匹。15歳未満の人口よりも多い。手厚く葬る人も多く、約90社が加盟する全国ペット霊園協会によれば、ペット霊園は全国に600ほどある。

ペットも入れる墓地は…

 だが、人間とペットが共に入れ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら