[PR]

 国内で観察されるのが珍しいメンガタハクセキレイが3月27日、鹿児島県南さつま市の水田で撮影された。山階鳥類研究所(千葉県)によれば、国内では10例ほどしか確認例がないという。

 同研究所によれば、メンガタハクセキレイは、ハクセキレイの亜種で全長約20センチ。胸から頭部が黒いが、額や目の周りから胴体の方にくさび形に白色部が細く延びる点などが特徴。カスピ海沿岸、アフガニスタンなどに分布する。

 日本は通常の生息地でも渡来地でもないため「迷鳥」と扱われ、九州や南西諸島を中心に過去10例ほどしか確認されていない。

 撮影した全日写連の二宮忠信さんは「別の鳥を撮影しようと水田に行くと偶然いた。トラクターが近づいてきて驚いたのか、飛び立った一瞬の姿を撮影できた。飛ぶ姿は珍しい」と話している。

 同研究所自然誌研究室の平岡考・専門員は「飛翔(ひしょう)の写真は、年齢査定ができる可能性もあって興味深い」としている。(村上英樹)