[PR]

 中国国営中央テレビによると、西部の四川省凉山で大規模な山火事が3月30日に発生し、消防隊員ら30人の死亡が1日までに確認された。消火活動中に突然、風向きが変わって炎の勢いが増し、逃げ遅れたという。現場は標高4千メートル前後の原生林が広がる高地で、一般の住民が犠牲になったとの情報はない。同テレビは落雷が出火原因ではないか、との住民の見方を伝えた。(広州=益満雄一郎)