梅のように耐える波瀾万丈のアイドル、「令和」で脚光

有料会員記事令和

上山崎雅泰
[PR]

 咲き誇る桜たちが華やかに競い合う芸能界で、自分たちは春を待つ梅のようにじっと耐えている――。そんな姿を投影するかのような歌詞と、それを歌い続けてきた女性アイドルグループが、新元号「令和」によって、ネット上で話題になっている。

 2日夕、「令和」と書かれた黒いTシャツを着た6人組の、アップテンポな曲の動画がツイッターに投稿された。私立恵比寿中学、通称エビ中の「梅」だ。

 サビはこうだ。

 ♪咲き誇れ 梅の花 桜のようには なれぬけど 雪の重みに耐えて 生き抜いた その誇りで 春を照らせ

 ♪(中略)誰か一人は 必ず見てるから その人のため 花を咲かせろ UME! 有名じゃなくても UME! ひらけ! 夢の花

 この前日、安倍晋三首相が記者会見で令和について「厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人ひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込めた」と説明した。

 直後から「思いが歌詞に似て…

この記事は有料会員記事です。残り669文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら