[PR]

 又吉直樹さんの「火花」と清少納言の「枕草子」の中国語版が並んでいる。平積みだ。芥川賞受賞作と平安時代の古典。日本の書店では隣り合わせで見た記憶がないだけに新鮮で目にとまった。かつて長安と呼ばれた古都、西安で訪ねた書店だ。

 春天是破暁的時候(春はあけぼの)。

 「枕草子」の訳者は、作家魯迅の弟周作人。二人は20世紀初めに日本へ留学した。兄は医学を、弟は英文学やギリシャ語を勉強した。

 新装版が出た数年前から「枕草…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース