[PR]

 3月にエチオピア航空の新型旅客機(米ボーイング737MAX8型)が墜落した事故で、エチオピア政府は4日、事故の暫定報告書の内容を公表した。墜落直前に機首が下に向くことを繰り返したと指摘し、搭載するボーイング社の飛行システムに不具合があったとの見方を示した。同社にシステムの調査を求めている。

 エチオピアのモゲス運輸相は会見で、同型機の運航を認めた米連邦航空局(FAA)などにも不具合の解消を求めた。ブラックボックスの調査を依頼したフランス当局などと、さらに事故原因を調べる。

 この事故では乗っていた157…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら