[PR]

 トルコに共産市長がいる。

 東部トゥンジェリ県中心部から冠雪の山々を車窓に2時間。人口7千のオワジク市の市長選でメフメト・マチョールさん(50)が共産党候補初の当選を果たしたのは5年前だ。

 当時1万5千人だった年間の観光客は、昨年45万人に増えた。ジーパンにセーター、使い込んだマフラーのマチョールさんは「共産主義を見に来るのさ。国内だけじゃなくドイツの外交官も来たよ」と笑う。高校生で社会主義運動に加わった後、救急隊員として25年働いた。選挙は市長選が初めてだった。

 「共産主義は夢だが今は現実的じゃない。でも社会主義の要素を採り入れれば資本主義の行き詰まりを打開できる」。農家がインゲン豆やヒヨコ豆を仲買業者に安値で買いたたかれたり、代金を回収できなくなったりして頭を抱える状況を変えたかった。「生産者自身が農業の運営者であるべきだ」

 農家から20トンの作物を買い取って市場調査を開始。作物を加工し、ネットや大都市の直売所で販売する協同組合を設立した。昨年の利益20万トルコリラ(約400万円)は、若者の奨学金と農家への補助に充てた。現在の年600トンの出荷量を今後5年で2500トンに増やす計画だ。

 販路確保のためシンポジウムな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら