[PR]

 ロシア警察トップのコロコリツェフ内務相が2日、平壌で北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長ら政府高官と相次ぎ会談した。両国は昨年から、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪ロとロシアのプーチン大統領との会談に向けた話し合いを続けている。今回も、正恩氏の訪ロ日程などを話し合った可能性がある。

 ロシア内務省によると、コロコリツェフ氏は永南氏との会談で、ロ朝の友好関係の促進などを協議。9月にロシア極東のウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムなどの国際イベントに、北朝鮮が代表団を派遣することを歓迎した。北朝鮮の警察部門を統括する人民保安相とも会談し、双方の治安機関どうしの関係強化も話し合ったという。

 両国は3月、正恩氏の秘書役キム・チャンソン氏がモスクワを訪問するなど、政府間の交流を加速している。今年前半にも、正恩氏が訪ロしてプーチン氏と会談するのではないか、との観測が広がっている。(モスクワ=石橋亮介)