[PR]

 9日に投開票されるイスラエル総選挙をめぐり、ネタニヤフ首相や与党を支持する内容のツイートを投稿する大量の「偽アカウント」が見つかったと複数のメディアが報じた。SNSを悪用した世論操作との批判も上がり、与野党の論争に発展している。

 疑惑は、選挙期間中のネット上の投稿を監視する国内の有志グループの報告書をもとに、地元紙とニューヨーク・タイムズが1日に報じた。

 報道によると、疑いのあるツイッターのアカウントは数百に上り、議会解散が決まった昨年末以降、ネタニヤフ首相を持ち上げ、野党を批判する書き込みが計13万回投稿されてきた。それらのアカウントの利用者は互いに「いいね」やリツイートで情報を拡散。虚偽や根拠のないうわさも含まれていたという。

 ツイートの多くは匿名の人物によって投稿され、組織的な投稿の中心人物とされる一人は監視グループに対し、多額の報酬を得て与党側に有利な活動をしたと認めたという。

 地元紙は「組織的なプロパガン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら