[PR]

 米連邦検察は1日、トランプ米大統領のフロリダ州にある別荘「マール・ア・ラーゴ」に不法に侵入したとして中国の旅券を持っていた女性を起訴した。所持品のUSBメモリーからマルウェア(悪意を持ったプログラム)が検出された。米メディアが2日報じた。

 米メディアや裁判所に提出された文書によると、女性は3月30日昼、トランプ氏が滞在中の別荘を訪れ、シークレットサービス(SS、大統領警護隊)の担当者に二つの中国パスポートを示し、別荘に併設された会員制ホテル施設のプールに泳ぎに来た、と説明。別荘側も会員の親類と勘違いし、女性を中に入れた。

 女性が受付ロビーで、国際イベントに参加するために来た、などと話すと、不審に思った別荘の受付員が警備担当に連絡。その後の調べに、中国のメッセージアプリで知り合った「チャールズ」という人物から指示されて、別荘でトランプ氏の家族と接触し、米中の通商関係について話し合うため、上海から来たなどと語ったという。

 女性が別荘に侵入していた頃、トランプ氏はゴルフのため不在だった。

 調べでは、マルウェアが入った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら