【動画】はやぶさ2の次のミッション・人工クレーター作成はどのように?
[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星「リュウグウ」に金属の塊を撃ち込んで人工クレーターを作るため、探査機「はやぶさ2」に信号を送った。小惑星でクレーターの作製に成功すれば世界で初めて。5月下旬にも着陸して、地中から試料の採取をめざす。

 JAXAによると、信号を受信したはやぶさ2は午前11時ごろ、リュウグウの高度約500メートルで、金属の塊を地表にぶつける衝突装置を分離した。

 装置は分離から40分後、高度約200メートルまで降下してから爆発し、その力で重さ2キロの銅の塊を秒速2キロでリュウグウの地表に撃ち込む。目標の地点はリュウグウの赤道付近。直径数メートル以上のクレーター作製を見込んでいる。

 装置が予定通り爆発したかどうかは、別に分離したカメラで撮影し、同日夕にも確認できる見込み。

 爆発で飛び散る岩石の破片によ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら