[PR]

 本物の金魚を樹脂で固めるなんて、けしからん――。かつて、そんな勘違いをしてしまった人がいるほどの超絶技巧だ。金魚にこだわり、透明樹脂にアクリル絵の具で描き続ける現代美術家、深堀(ふかほり)隆介さん(46)=横浜市=の展覧会が、宮崎市のみやざきアートセンターで開かれている。

 初期の作品から、最新作のインスタレーション(空間展示)「平成しんちう屋」まで、約200点を展示する。升や茶わん、木おけ、千両箱、ぐい飲み、机の引き出し、番傘など、様々な器や物の中に、金魚の姿を描き入れている。

 樹脂の平面の上に精巧に描いて終わり、という技法ではない。樹脂を薄く流し込んで固めた表面に部分的に描き、さらに上から樹脂を流し込んでは別の部分を描き、というその繰り返し。描き直しはできない。斜めから眺めると平面的だが、上から眺めると立体そのものだ。

 樹脂が固まるまで数日かかるた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら