[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が3日、自身のものとみられるツイッターのアカウントを開設し、「真実をお話しする準備をしています。4月11日木曜日に記者会見をします」と発信した。同様の内容を英語でもツイートした。関係者によると、弁護団はさらに早い段階での開催も検討しているという。

 アカウントには、本人であることを示す認証バッジがついている。東京地裁は5日の保釈許可決定の際、インターネットの使用禁止などを条件としていた。

 ゴーン前会長は、私的な損失を日産に付け替えるなどしたという会社法違反(特別背任)などの罪で1月に追起訴された。3月6日の保釈後、弁護団に会見を開く意向を示しており、何を語るかが注目されている。

 東京地検特捜部はゴーン前会長をめぐる捜査を継続している。オマーンの日産販売代理店オーナーとの間の資金の流れに焦点を当てて調べている。