[PR]

 入院や認知症でペットを手放さなくてはならない飼い主と、どうしていいか分からない家族たち。高齢化が進み、そんな問題に直面する人が増えている。ペットの多い新潟市では、民間も支援に乗り出した。

 2018年12月、新潟市中央区の市動物愛護センター。中年男性が10歳超の高齢のシーズーとマルチーズを連れてやってきた。

 長年かわいがっていた80代の母が病気で入院し、意思の疎通もできない状態になった。飼い主の母が面倒を見られなくなったときにどう対処するか、十分に相談していなかった。男性は自宅で引き取ろうとしたが、すでに飼っている犬と相性が悪く、家族からは殺処分を勧められた。困った末に相談に来た、と職員に説明したという。2匹はセンターが引き取ることになった。

 行政が運営する動物愛護センターは、ペットを引き取って譲渡先を探すが、凶暴化するなどやむを得ない場合、殺処分することもある。新潟市でも子猫を含め、年間約400匹が処分される。飼い主にとってセンターに引き取ってもらうのは、他に手がないときの最終手段といえる。

 昨年3月には、60代女性が平均寿命を超える18歳のトイプードルの相談に来た。女性は精神疾患があり、夫は世話に非協力的だという。女性は「自分も犬も高齢。安楽死も仕方がないのかもしれない」と泣いた。職員は動物病院に相談するように勧めた。

 センターには、ほかにも多くの相談が舞い込む。「夫が亡くなって引っ越すことになったが、引っ越し先では猫を飼えない」(60代女性)。「雑種犬の飼い主の兄が入院し、代わりに世話をしていた隣人も入院した」(高齢男性)。

 17年度にセンターが引き取っ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら