[PR]

 コンビニ国内最大手のセブン―イレブン・ジャパンは、古屋一樹社長(69)を退かせ、後任に永松文彦副社長(62)をあてる人事を固めた。永松氏は3月に取締役から副社長に昇格したばかりだ。人手不足を理由に24時間営業をやめたフランチャイズ(FC)店との対立が表面化。ビジネスモデルが揺れるなか、社長を代える。

 古屋社長は代表権のない会長に就く。4日の取締役会で正式に決める。セブン―イレブンの社長交代は、親会社セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文元会長兼最高経営責任者(CEO、86)が退くなど人事抗争があった2016年以来だ。

 24時間営業をめぐっては大阪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら