[PR]

 滋賀県甲賀市のMIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)で特別展「大徳寺龍光院(りょうこういん) 国宝曜変天目(ようへんてんもく)と破草鞋(はそうあい)」が開かれている。臨済宗の大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)で一般には非公開の龍光院(京都市北区)に伝わる国宝の曜変天目茶碗(ちゃわん)など茶道具や水墨画、書などの名品約200点を展示。桃山時代から江戸寛永期、現代へと続く禅文化の歴史をたどる。

 龍光院は1606(慶長11)年、福岡藩主の黒田長政が亡父・如水(官兵衛)の菩提(ぼだい)を弔うために、江月宗玩(こうげつそうがん)(1574~1643)を実質的な開祖として建立した。江月は堺の豪商天王寺屋の津田宗及(そうぎゅう)の次男。宗及は織田信長や豊臣秀吉の茶頭(さどう)を務めた茶人で、天王寺屋所蔵の曜変天目茶碗など数多くの茶道具が龍光院に寄進され、400年にわたって伝えられた。

 当時の龍光院には大名茶人の小堀遠州をはじめ松花堂昭乗、狩野探幽ら書画や歌道に秀でた文化人や皇族が集まり、寛永文化のサロンとなった。遠州好みの茶室「密庵席(みったんせき)」を備えた書院(国宝)も今に残る。

 展示の中心となる曜変天目茶碗は、世界で日本にしか残されていないとされる国宝の3碗のうちの一つ。内側には、つややかな黒釉(ゆう)を背景に玉虫色の大小様々な斑文が夜空の星々のごとくに浮かび上がる。斑文の周囲には青や紫、緑などの光彩が生じている。津田宗及が所持していた天王寺屋伝来の名宝だ。

 琉球漆器の螺鈿(らでん)唐草文天目台が付いた重要文化財「油滴天目」も目を引く。内外の黒釉に、銀色の大小の斑文が雪の結晶のように浮かび上がる。

 このほか、宋の末期から元の初期にかけての画僧・牧谿(もっけい)筆と伝わる水墨画「柿・栗図」(重要文化財)、南宋の画家・馬遠(ばえん)の作と伝わる「山水図」(重要文化財)、狩野探幽や松花堂昭乗の襖絵(ふすまえ)など絵画の展示も豊富。

 展覧会名にある「破草鞋」は破れたわらじを表す禅語で、禅僧の行脚を意味する。転じて、悟りや学んだ法などにとらわれず、破れたわらじのように人知れず平凡に生きることこそが真の禅僧の境涯だとの意味を持つ。中国・元時代の名僧で来日して禅を広めた竺仙梵僊(じくせんぼんせん)の墨蹟(ぼくせき)「諸山疏(しょざんそ)」(国宝)など、そうした禅味あふれる作品も数多く並ぶ。

 5月19日まで。会期中、展示替えあり。月曜休館(4月29日と5月6日は開館しそれぞれ翌日休館)。一般1100円など。MIHO MUSEUM(0748・82・3411)。(池田洋一郎)