[PR]

 ロシアのラブロフ外相は3日夕に公開されたモスコフスキー・コムソモーレツ紙(電子版)のインタビューで、日ロ関係の現状について「複雑な問題を解決できるほど両国関係が成熟したというのは時期尚早だ」と述べ、北方領土問題を含む平和条約交渉が合意にはほど遠い状況だとの認識を示した。

 同紙記者が領土問題の行き詰まりを指摘し、「平和条約交渉は時間の無駄ではないか」とたずねたのに対し、答えた。

 ラブロフ氏は「話し合う必要はある」とする一方、国境問題さえ解決できれば平和条約が締結できるとする日本の姿勢について「戦争が終わった日の朝にするような議論だ」などと批判。戦後の二国関係の変遷に触れつつ、「日本は(ロシアに)最も近い米国の同盟国で、米国の政策はあからさまに反ロシア的だ」と述べ、日米安保条約が平和条約締結の障害になっているとの考えを強調した。(モスクワ=喜田尚)