[PR]

 米議会下院司法委員会は3日、2016年の米大統領選の「ロシア疑惑」をめぐるマラー特別検察官の捜査報告書と証拠の全面開示を司法省に求めるための召喚状を出す権限をナドラー委員長(民主党)に与えた。全面開示に否定的な姿勢のバー司法長官に圧力をかける狙いがある。

 バー氏は4月中旬までに捜査報告書を公表する方針だが、機密情報や別件で捜査中の事件に関わる部分などは非公表にするとしており、実際の開示範囲は不透明だ。野党・民主党は、報告書を省略せず、全面開示するよう司法省に要求してきた。

 召喚状には強制力があり、開示に政府が応じない場合、裁判闘争に発展する可能性も指摘されている。

 ナドラー氏は3日、すぐに召喚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら