【動画】「アマゾン ロボティクス」を報道陣に公開=小川智撮影
[PR]

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは4日、大阪府茨木市の物流拠点を報道陣に公開した。ロボットが自動で商品棚を動かす最先端の施設で、効率的な荷受けや荷出しが出来るようになっている。

 4月に本格稼働した。同社はこの施設のシステムを「アマゾン ロボティクス」と呼んでいる。国内では神奈川県川崎市に続き2カ所目。車輪の付いた薄型ロボットの上に黄色い商品棚が載り、商品の入荷や利用者からの注文をもとに自動で倉庫内を移動する。棚はシステムで管理されていて、どの棚に何が入っているか、従業員が覚えておかなくてもよい仕組みだ。

 秒速は1・7メートルで、最大約567キログラムの商品を載せられる。川崎市の工場に導入しているものよりも積載可能な重量が200キロ以上も増え、効率が上がっているという。

 従業員は所定の場所から移動する必要がない。モニターの指示に従って、目の前に来た棚から必要な商品を取り出し、出荷用の箱に商品を移す。商品棚が動き回るスペースはフェンスで区切られており、人間は立ち入らないため、安全性も向上しているという。(久保田侑暉)