[PR]

第2部:苦境から1千万台時代へ(中)

 2012年12月。

 安倍政権が誕生し、アベノミクスと呼ばれる新しい経済政策が始まった。

 トヨタ自動車などの輸出産業が「超円高」のもとで苦戦する中で、大胆な金融緩和を柱に掲げた政策で円安をもたらした。対ドルの円相場は円安方向に傾き、トヨタの業績はみるみる回復した。

 「やっと前を向いていける」。13年5月に開いた決算会見で豊田章男社長は、こう語った。

 13年3月期決算における営業…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら