[PR]

 福岡・博多出身のコメディアン、小松政夫さん(77)が、博多座(福岡市)の舞台「めんたいぴりり 博多座版 未来永劫(えいごう)編」に出演している。劇中では、博多祇園山笠を愛した亡き友から託された歌詞を、曲にのせて披露。「彼の供養になれば」と、思いがこもる。

 辛子明太子(めんたいこ)を世に広めた「ふくや」(本社・同市)の創業者、川原俊夫さんをモデルにしたストーリー。

 昭和30年代の博多。小さな食料品店「ふくのや」の主人、海野俊之(博多華丸)は戦前に生まれ育った釜山の総菜をヒントに、辛子明太子を開発。妻千代子(酒井美紀)ら周囲に支えられながら、自分の信じた味を広めようと奮闘する泣き笑いの日々を描く。

 小松さんが演じるのは、妻を亡くして生きる目的を失った元博多人形師の丸尾老人。海野に情をかけられ、明太子の普及にひと肌脱ぐ役どころだ。

 劇の後半、丸尾老人がさびのきいた声で、哀感ただようメロディーを口ずさみながら登場する。

 「祭り支えるごりょんさん そ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら