[PR]

 病死した男性の遺族から現金をだまし取ろうとしたとして、埼玉県警は4日、県警川越署巡査の糸井祥太容疑者(25)=川越市=を詐欺未遂の疑いで逮捕し、発表した。事実関係を一部認めているが、あいまいな供述をしているという。

 捜査2課によると、逮捕容疑は3月27~31日、同市内で病死した無職男性(67)の姉(69)に電話して「(病死に伴う)部屋の清掃、遺体の搬出などに40万~50万円が必要。自分がそれを預かる」などとうそを言い、現金をだまし取ろうとした疑いがある。

 男性は2月25日に死亡が確認され、糸井容疑者はほかの警察官とともに死因の調査にかかわっていた。姉の電話番号は3月26日の遺体引き渡しの際に知ったという。現金の要求を不審に思った姉が葬儀会社を通じて署に相談したことで容疑が発覚したという。