[PR]

 愛媛県宇和島市がJR宇和島駅前に建設していた市学習交流センターが6日、オープンした。愛称は「パフィオうわじま」。1階ホールの緞帳(どんちょう)の原画は、市在住の現代美術家・大竹伸朗さんが無償で描いた。7日午前10時~午後4時に緞帳の無料見学会がある。

 パフィオうわじまは図書館や子育て支援センターなどの複合施設。6日は記念式典があり、岡原文彰市長らが参加。緞帳が披露されると大きな拍手が起きた。

 緞帳の原画は、市内の海辺にある奇岩「のぞき岩」をモチーフにしたという。大竹さんは「これまで様々な形で宇和島を支えてきた人々に敬意を込め、西陣織という伝統技術で『宇和島未来バージョン』を織り込んでみようと考えました」とのコメントを寄せた。

 市などによると、施設は4階建…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら