森島寛晃氏、「びっくり」だったセ大阪の社長就任

有料記事

編集委員・中小路徹
[PR]

 平成は、サッカーのJリーグが生まれ、地域密着の概念を他のスポーツにまで広げて定着させた時代だった。その大きな変わり目に、選手として、そしてクラブを強化、運営する側として立ち会ってきた一人がこの人だろう。

 「私がこのポジションに就いて、職員はみんな心配している。危機感をもってできるのではないでしょうか」。そんな冗談を飛ばすのはJ1・セレッソ大阪社長の森島寛晃(46)だ。昨年12月、自身も「びっくり」のクラブトップに就いた。

 1972(昭和47)年生まれ。そのサッカーの歩みは小学2年時、広島市の大河FCで始まった。小学校卒業時の文集には、「プロサッカー選手になる」と書いた。

 記憶しているのは広島県呉市の祖母の家に遊びに行った時のこと。夕食を食べながら、「いつかはプロ選手になるけんね」「そんな簡単になれんよね」と会話していた時にテレビから流れてきたのが、ヤンマーが提供していた「ヤン坊マー坊天気予報」だった。「今思うと、ヤンマーでプロになる流れがあった。これ、ホンマの話なんですよ」

 91(平成3)年、東海大一…

この記事は有料記事です。残り1047文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!