【動画】高知県警が採用志願者増へ動画でPR
[PR]

 警察官のお堅いイメージを払拭(ふっしょく)して採用志願者を増やそうと、高知県警がPR用の動画配信を始めた。作成したのはデザイン会社から転職した現職の警察官。予定を大幅に下回った昨年度の採用者数から改善を図ろうと、若者をターゲットにしたスタイリッシュな動画が完成した。

 動画は4月8日から配信され、30秒と90秒の2種類。普段は見ることができない警察官の日常を見てもらおうと、パトカーの洗車や出勤前に制服に着替える様子も映した。男性警察官2人のパトロールの様子も撮影。テンポの良い音楽を使い、若者に興味を持ってもらえる工夫を凝らした。

 作ったのは警務課採用係長の西森達也警部補(38)。短期大学を卒業してアパレルショップに就職。その後デザイン会社を設立し、自らポスターやチラシ制作を手がけた経歴を持つ。父親が警察官だった縁もあり、27歳で警察官に転職した。前職の経験を生かそうと、自ら動画制作を企画し、1カ月半の撮影期間で完成させた。「警察官のリアルな姿を撮影した。これまでの古い警察官のイメージを変えたい」と話す。

 県警の昨年度の合格者数は74…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら