「全国をめぐり、多くの人々と向き合いたい」

 天皇陛下は繰り返し周囲に思いを語り、皇后さまと各地への「旅」を続けてきた。

 両陛下そろっての外出は「行幸啓(ぎょうこうけい)」と称される。即位後初の地方への行幸啓は1989年5月、全国植樹祭出席での徳島県訪問だった。2日間の短い日程ながら、国民との距離を近づける「平成流」を印象づけた。

 車の移動の際、昭和天皇は防弾ガラスの窓を閉めたが、両陛下は窓を開けて沿道の人たちに手を振った。広い道路では対向車線に一般車を通行させ、私服警官が目立たないよう警備する「ソフト化」が図られた。

 おことばにも変化がみられた。全国植樹祭の式典では自らを「私」、出席者を「皆さん」と呼び、簡易な言葉で語りかけた。

 「できるだけ早い時期に各地へ」

 陛下は「旅」へのそんな思いも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら