[PR]

 東京・日比谷の帝国劇場で19日から始まるミュージカル「レ・ミゼラブル」について、製作の東宝は、転売サイトで高額に売買されたチケットの日付や座席番号を公式サイトで公表した。このチケットでの入場者には写真付きの身分証明書の提示を求め、正規の販売窓口で購入した本人と確認できなかった場合、入場を断る場合があるという。

 東宝によると、公表したチケットは36枚。1万4千円のチケットが10万円以上で売買されたケースもあったという。今後も高額な転売が確認された場合は公表する。チケットには不正な転売の禁止を明記しているが、転売サイトでは高額で取引されていたという。

 東宝演劇部は「転売チケットを買わないようにという抑止効果を狙ったもの。お客様からの強い要望があり、我々も転売が問題化している認識があった。高額転売を規制する法律ができたこともあり、今回こうした措置をとった」と話している。(星賀亨弘)