[PR]

 そろり、そろり。お笑い芸人のあのネタで、すっかりおなじみになった狂言は、いまの時代で言うコント。なのに古典芸能というだけで、「よくわかんないけど、難しそう」と敬遠されがちだ。そんな先入観を壊そうと、京都の狂言大蔵流・茂山千五郎家が、捨て身の作戦に出た。

 記者会見に現れた狂言師たちの様子が、おかしい。

 「志は、高い。」という謎のロゴTシャツに、ジャージー姿。あるいは、薄毛のカツラに、フェルトペンで描かれたようなおでこのしわ。

 いつもの会見なら、役者たちは和装かジャケット姿で臨むが、この日は「昭和の先生風」というコスプレ。

 教頭になりきった宗彦(もとひ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら