写真・図版

[PR]

 姿勢がいい人は、いくつになってもかっこよく見える。歩き方や立ち方ひとつをとっても、自信がありそうな雰囲気になる。見た目の問題だけでなく、姿勢が悪いと肩こりや腰痛といった体の不調にもつながる。そもそも「正しい姿勢」とは、どのようなものなのだろうか。

 自分の姿勢を簡単にチェックできる方法を教えてもらおうと、神奈川県や東京都でヨガ講師をしている森脇じゅんさんを訪ねた。体の余計な力を抜き、壁を背にしてまっすぐ立つ。つま先を正面に向け、両足はそろえた状態で背中は壁にくっつける。あごをひき、後頭部もつける。

 「このとき、背中側の腰の少し上のスペースに手のひら1枚分入ればいい姿勢ですね」と森脇さん。手が入らなかったり、スペースがなかったりする人は「猫背」だと指摘する。逆に、スペースがあきすぎている人は「反り腰」だ。猫背の人は、重心がかかと側にいきがち▽あごを前に突き出す▽太ももの裏側が張りやすい。一方、反り腰の人は、重心がつま先側にいきがち▽胸を前に張り出す▽太ももの前や横が張りやすい、などの特徴がある。

 姿勢が乱れる要因は、普段の生…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら