[PR]

 4日午後8時20分ごろ、福岡市博多区の市営地下鉄中洲川端駅で、停車した姪浜発福岡空港行きの空港線の列車から煙が出ていると、駅員から119番通報があった。市交通局は空港線と箱崎線の全区間の運転を約3時間見合わせ、約4万3千人に影響した。

 現場に到着した消防隊員は煙を確認できなかったが、市交通局によると、3両目の屋根上の機器から煙が出た形跡があったといい、原因を調べている。けが人はなかった。

 この列車に乗っていた女子大学生(18)は「中洲川端駅に着く直前にボンと音がして、同時に衝撃を感じた。どこかにぶつかったのかと思った。駅に着いて外に出ると煙が充満していた。灰色の煙でひどい臭いがした」と話した。

 同駅は九州最大の歓楽街・中洲にあり、火災警報や消防車で一時騒然とした。