[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が5日、ミッションの山場とされる世界初のクレーター作製のため銅の塊を小惑星に撃ち込むことを成功させた。主役の「衝突装置」は福島県内で開発されたものだ。手がけた企業の関係者は、ミッションを見守り、喜びに沸いた。

 人工クレーター作製の成否のカギだったのが、銅板を秒速2キロで地表にぶつけてはじき飛ばす衝突装置。その心臓部「爆薬部分」の開発を中心的に担ったのが、西郷村長坂にある火薬メーカー日本工機白河製造所だ。

 爆薬部分は、高さ約20センチ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら